1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  05 ,2017

信念のゴミ捨て場

掃いて捨てるほど愛の歌はある

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category: 雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

防寒を傍観

マフラーさん マフラー子 

マフラー&コート&メガネ。俺得3重奏。
冬の厚着の女性が好き。
夏の開放的な感じも良いんですけど、包み隠している感じが良い。
ブーツや手袋も魅力を感じます。冬服フェチです。

しかし絵柄が安定しない。
いや、ある意味安定した絵柄になったのかもしれないけど、
自分らしさから離れているような気もしないわけでは、無い。
上達の範疇というのであれば、それは喜ばしいことなんだけど…。

とにかく、絵柄が変わろうとも、
『描きたいものを描く』という事は変わらずにいたい。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記

11

Category: 雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

トゲゾーはかわす物ではない、諦める物だ。

ロゼッタ02 

せっかく再開したのに、早くも停滞の兆しが…。
というのもだいたいマリオカート7のせいです。

というわけで、買いましたマリオカート7。ついでに3DSも。
いや3DSが無いと遊べないのでついではおかしいんですけど。

今回の魅力はやはり、陸海空に広がったコースだろうか。
ひとつのコースに様々なルートが用意されており、
普通に走った方が速いのか?それとも空を飛んだ方が速いのか?
はたまた、落ちているコインを拾ったほうが良いのか?
(コインを拾うとマシンのパーツがアンロックされるほか、そのレースの最高速度が上がる)
などと試行錯誤をするのがとっても楽しい。

今回からは長いコースを3つのセクションに分け1周するという、マリオカート初の
試みをしているコースがいくつかあるが、これもまた面白い。
1粒で3度楽しめるという感じで、飽きが来ない。
wii U版も開発予定だということなので、是非とも増やしてほしいなぁ。

とまぁマリオカートの楽しさは最早言うまでもないと思っているが、
最大の障壁は『3DS』であるということだろうか。
私の周りは3DS自体をまだ持ってない人が多い。
かくいう私もマリオカート7目当てでやっと購入に踏み切ったクチである。
ひとりで遊ぶのも、ネット対戦ももちろん楽しいが、
やはりみんなでワイワイ楽しむのがマリオカートの最高の楽しみであろう。
…ってわけで皆さん、検討よろしくお願いします。はい。

ロゼッタ

ロゼッタさんは今回も続投。
声優(メルセーディズ・ローズさん)は同じらしいが、なんだかテンションが高い。
こういうロゼッタさんも新鮮でええのう…ええのう…。

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

30

Category: 雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

皇潤を飲めば済む話でもない


大学から少し移動したところにマックがある。
コンビニのATMでお金を下ろし、友人と一緒にマックへ向かおうとしたところ、
道路とマックの敷地の境に存在する段差を見て友人が
「両足跳びでこの段差を越そうぜ」
と提案する。

01.jpg



運動神経の良い友人は難なくクリア。

02.jpg



次は俺の番。
ひたすら屈伸を繰り返し、決死のジャンプ。
膝を思い切り折りたたむ。

03.jpg



しかし、折りたたんだ膝を着地体制に以降する程の跳躍力がなく、
正座の状態で着地してしまう。そしてスネが
段差の端にある出っ張りに思いっきり…。

04.jpg



今日はそんな夜でした。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記

28

Category: 雑記

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

押し売りするのはバナナだけで良い

芸術大学に通う身ながらも、『芸術』や『アート』という言葉が昔からどうにも好きになれない。
村上隆やらカオスラウンジやらで一層懐疑的になった今日この頃。
あんな偽物に大金の値が付けられるのも理解できないし、
アニメやフィギュアのクリエイターへの冒涜もいいところだと思う。
アート市場にオタク要素を浸透させた?余計なお世話。

アーティストの自己満足な作品を見たところで、何になるんだ?
だったらアニメとかゲームとかに金出して楽しむ方が断然マシだろ?
…そう思うのだが、アニメやゲームに興味の無い人からすれば
「なぜそんなものに金を払うの?」と思われるに決まっている。

人間の価値観なんて十人十色なのは当たり前で、
好きなモノがあれば嫌いなモノがある、それは当然。
ゲームだろうが現代アートだろうがBLだろうが思想だろうが全部一緒。
でもたまに、その価値観を押し売りする輩も現れる。
「○○が嫌いだなんて君はわかってないね」
本当にそのモノを愛するのならば、そんな押し売りは絶対にしないハズ。
そのモノを嫌いになる人間が一人増えるだけ、そんなのは誰でもわかるだろうに…。
Twitterを見ていると、よくそう思う。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記

27

Category: 制作

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

もう棒読み声優の悪口は言わない たぶん

機械

先日、制作中のアニメの収録を行った。
我が大学には本場さながらの環境が整ったアフレコスタジオがあり、
学生は担当の先生の元で使用することができるのだ。

収録に参加して頂けたのは、同じ学科の友人4名と
舞台芸術学科の先輩2名。
現地での収録ではないが、フリーで活動中の声優さん2名にもご協力をお願いしている。

ふたり


舞台芸術の先輩方の演技力には圧倒されたが、全員アニメ収録は初体験である
友人4名も皆、素晴らしい演技を見せてくれた。
アニメの企画当初は「音声はみんなでワイワイ録れれば良いか~」なんて思っていたが、
いざ気がつけば本気の収録。アニメ制作って何が起こるかわからない…。

最後には自分も収録に挑戦するも、見事に棒読みっぷりを炸裂。
えらそーに注文ばかり付けていた自分が恥ずかしい…。
声優は声優の仕事だ!わかったかジブリめ!

皆さんの好演もあって、収録は予想以上のスピードで終了。
人生初のアニメ収録は、沢山の充実とほろ苦い思い出をもたらしてくれた。

アニメはプレスコ形式(音声を先に録り、映像を後から付ける)なので
いよいよモーション付けの作業に入る。
長く地道な作業が続くが、『アニメ』と名乗る上でも重要な作業。
協力してくれた声優の皆さんのためにも頑張ります。

テーマ : 映像・アニメーション    ジャンル : 学問・文化・芸術


信念のゴミ捨て場
プロフィール

カフカ

Author:カフカ
学生ニート

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。